目尻のシワを今より気にならなくするには?

 
目尻のシワを取りたい!改善・対策は?どうケアしたらいいの?

 

鏡にうつった自分の顔を見て、

ふと気づくと目じりに小じわが…

 

顔の見た目が老けて見える箇所は、

目尻とほうれい線と言われています。

 

目じりをしっかりケアすることで、
見た目年齢はグッと若くなるだけに、
多くの女性がとても気にしている場所です。

 

ちなみに、エイジングケアと言われて思いつくもののトップは、
だいたいどのアンケート結果を見ても「シワ」。

ということは、目尻のシワはトップ・オブ・ザ・トップと言えるかもしれませんね。

 

目の周りは顔の中で最もデリケートな部分なだけに、
シワができやすい部分と言われています。

 

顔の中で皮膚がとても薄くて皮脂腺がないのもシワになりやすい理由です。

 

加齢による深い目尻のシワは、完全に消すことは難しいですが、
深いなら浅くする、小ジワならなくす対策はあります。

 

では、早速!

 

 

■目尻や目元にできるシワの原因と対策は?

 

主に2つの原因があるので、それについて対策を交えてお伝えします。

 

 

1、紫外線によるもの

 

肌のシミは、太陽の紫外線によるものであることはよく知られていますが、
シワもその紫外線が起因の1つです。

 

日焼け止めなどの紫外線対策をしている人で、
意外に塗り残してしまう場所が目尻や目元だそうです。

 

シワにはコラーゲンの強化が欠かせませんが、
紫外線はそのコラーゲンを破壊してしまうため、
しっかり目の周りにも塗ってあげることが大切になります。

 

また、紫外線は蛍光灯やPCのモニターからも微量ながら
放出されています。細心の注意を払うなら、家にいても
UVカット化粧品やBBクリームなどで保護してあげるといいでしょう。

 

 

2、肌の乾燥によるもの  

 

紫外線よりも肌の乾燥が目尻のシワの最も大きな原因です。

 

これは目尻に限ったことではなく、体全体が水分不足や脂質不足であることが
あげられます。目尻にシワが多い人ほど、体の他の部分でも乾燥が目立つはずです。

 

また、目尻を自分の指でよく触る癖も乾燥の原因になります。
水分不足の指で目尻を触ることで、その水分がその指に
持っていかれてしまうというわけです。

 

気にしているからこそ、何気なく触っていることがあると思います。
癖になっている人は気をつけましょう。

 

 ◆シワのチェック
 
 ここで、乾燥によるちりめんジワ(皮膚の表面に細かく存在)かどうか
 チェックする方法を紹介しましょう。

 

 お風呂でしっかり温まってから上がったときに、
 鏡を見てシワが薄くなっていたり、消えていたりしているかを見てください。

 

 もし、そうなっているのなら、それはちりめんジワだと考えていいでしょう。
 この場合は、保湿やスキンケアなどの対策できれいになります。

 

 シワがそのままの場合は、本格的に刻まれ始めているシワの可能性が…
 この場合は、早い対策が必要になってきます。

 

 

コラーゲンは、肌のハリや弾力に主要な成分です。
加齢とともに生成量は減少してくるばかりでなく、
分解酵素のコラゲナーゼがはたらくようになります。

 

また、エラスチンも加齢とともに減少しますが、
紫外線でも変質したり劣化してしまい、
皮膚が元に戻る力が弱まります。

 

これらが、シワやたるみの原因になっています。

 

 

 

 

3、その他の乾燥の原因

 

 

*スキンケアの方法が間違っている

 

せっかく保湿しようと思っても逆効果になっている場合があります。

 

その商品ややり方によって違いがあるため、それを書くと非常に長くなるので、
ここでは書きませんが、スキンケア対策をしているのに改善しない場合は、
方法を見直してみましょう。

 

 ◆ 対策におススメの商品紹介

 

 目尻を始めとする、シワの改善を可能にする対策として、
 自分だけのケアでは限界があります。

 

 本格的なケアには、有効成分がふんだんに配合されている化粧品は、
 どうしても必要になってきます。と言うことで、ここではおススメの商品を
 紹介します。

 

 シワ対策に当たって、顔のシワを始め、皮膚全体によい影響を与える
 最も大きなポイント「成分」です。そして、次は効果的な配合量です。

 

 配合成分を分析していくと、本当にお勧め出来る商品が明らかになってきます。

 

 ここでは、「SNAP−8」を最も推奨できる成分として紹介します。
 そして、それ以外の推奨できる有効成分もふんだんに使われている化粧品
 があります。それは、「ワンダーエイジレス」という商品です。

 

 この商品についての詳しい内容は、このサイトを見ればわかります。
 他の商品と比較していてわかりやすいので、紹介します。

 

 ココです↓
 シワ消しならこれ〜お勧めベスト10〜目元・首・法令線・老け顔に!

 

 

 世の中には、企業努力によって完成された優れた商品がいくつも存在します。
 その商品が、優秀なまま埋もれてしまうこともあるため、
 そんな商品を知ってほしいと願い、紹介しました。

 

 ぜひ、訪問して確認してみてください。

 

*睡眠をしっかり取っていない

 

睡眠を十分に取ることは、成長ホルモンが分泌され、
肌のターンオーバーが起こって、肌の生まれ変わりにつながります。

 

ですから、その逆である睡眠不足はもちろん、睡眠時間は確保しても
その質が悪いと、肌のターンオーバーが悪くなり、老化が進みます。

 

そして肌の乾燥につながり、シワの象徴的な部分である目尻のシワに
影響が出てきます。

 

 

*洗顔のときに強くこすっている

 

洗顔のとき、気になる部分を強くこすってしまうことってあると思います。
その箇所がシワに影響しないところならいいのですが、
目尻は影響を受けやすく、いいことはほぼありません。

 

洗顔しているときは、水分があるので影響はそれほどでもないですが、
特に顔をタオルで拭くときに注意が必要です。

 

洗顔したては、水分があるので大丈夫だと思いがちですが、
強めにこすっていると乾いてから乾燥しやすくなり、
続けていることでシワの原因になります。

 

 

*タバコを吸う

 

タバコは、体内のビタミンCが破壊されます。
コラーゲン生成に必要な成分ですから、乾燥につながります。

 

含有成分のニコチンも、血管収縮作用で血行を悪くするので、
乾燥の原因にもなります。

 

まあ、タバコは今や害がたくさん指摘されていますから、
あまり説明する必要もないでしょう。

 

 

*目の酷使

 

現代は、目を使う機会が非常に多いため、周りの筋力が衰えることで
ハリがなくなりシワができやすくなります。

 

スマホやパソコンを長時間使ったり、何かに長時間集中することが
多い場合は、目を休ませたり、目の体操をしたりするようにしましょう。

 

 ◆目尻のシワにいいツボ押しマッサージ

 

 目の中でも、特に目尻に効くツボのマッサージを紹介します。

 

 1、攅竹(サンチク)

 

 場所は、眉のすぐ隣(眉の間の眉が始まる両側部分)です。

 

 目の周りの血行が良くなり、目尻の小じわや疲れに効きます。

 

 親指か人差し指のはらを使って、上に持ち上げるようにして優しく押します。
 左右を同時に5秒程度押してからゆっくりと離します。
 これを5回行います。押すだけでもいいですし、回すように指圧してもいいです。

 

 2、瞳子リョウ(ドウシリョウ)

 

 場所は、目尻より約1p外側にある目尻のくぼみです。

 

 肌の乾燥、肌荒れ、目尻の小じわに効きます。

 

 人差し指の腹を使ってやや軽く押します。左右を同時に5回ほど押してあげると
 いいでしょう。必要に応じて±5回の範囲で行ってください。

 

 3、シ竹空(シチククウ)

 

 場所は、眉の外側(眉の終わり)にある小さな骨の凹み部分です。

 

 目尻のシワ予防、目の充血、眼精疲労、頭痛の緩和に効きます。

 

 中指の腹を使って、5回ほどゆっくりと優しく押します。